2010年02月21日

全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)

 全日本空輸は17日、3機のボンバルディア機の部品の一部の点検が規定の時期を過ぎていたため、同日に北海道内の6便を欠航し、18、19日に羽田−三宅島間の2便を欠航すると発表した。

 全日空によると、プロペラの角度を変えるための部品やオイルの配管は飛行時間が約1万5千時間を超えた場合、点検の必要があるが、超過したまま運行していたという。機体購入時に、機体を管理するコンピューターに点検時期を設定していなかったことが原因という。

【関連記事】
全日空2年後に羽田−岩国便 1日4往復、年30万〜40万人
日航、マイル利用の予約期間拡大
全日空、労働時間延長を提案 路線拡大のビジネスチャンス狙う
JALとアメリカン、米当局に独禁法適用除外申請 数十億円増益へ
日航、時間的制約を優先 アメリカン航空との提携を継続へ

公共事業仮配分で600億円増 前原国交相「党の要望」否定(産経新聞)
AA→A→評価なし タクシー会社格付け 全国で導入(産経新聞)
<普天間移設>シュワブ陸上部、国民新党が提案へ(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 高速無料実験に異議(産経新聞)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
posted by モンマ ヒデヒコ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。