2010年02月05日

日本の漁船銃撃、ロシア国境警備隊が認める(読売新聞)

 【モスクワ=山口香子】北方領土の国後島沖で29日、羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア側から銃撃された事件で、ロシア国境警備隊は30日、「日本の漁船を銃撃した」と認めた。

 インターファクス通信などによると、国境警備隊は29日、国後島沖約1・5カイリ(約2・8キロ)で操業中の日本の漁船2隻を発見、「日露間の(漁業)協定に反する」として無線で停船を求めたが、無視されたため、ヘリコプターで追跡し、威嚇射撃の後に直接銃撃したとしている。

名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)
【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
奈良・巣山古墳に湧き水対策? 葺き石、新たに120メートル出土(産経新聞)
名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)
小沢氏出廷の可能性も=「水谷資金」争点か−石川議員公判(時事通信)
posted by モンマ ヒデヒコ at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。