2010年05月21日

<沖縄の日>怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)

 沖縄の本土復帰38年を迎えた15日、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市で「平和とくらしを守る県民大会」があり、県内外から約3800人(主催者発表)が参加した。政権交代で普天間の県外移設への期待が高まった沖縄だが、鳩山由紀夫首相は県内移設への方針転換を言明。大会会場では、38年たっても変わらない基地負担と、政権の裏切りへの怒りが「沖縄差別」との言葉で次々に飛び出し、悲憤が渦巻いた。

 大会あいさつに立った社民党の照屋寛徳国対委員長(衆院沖縄2区選出)は県外からの参加者に対し「みなさんには沖縄を差別する側に立たないでほしい。沖縄の基地問題を解決するため一緒に闘ってほしい」と呼びかけた。

 宜野湾市の伊波洋一市長は「復帰後もますます基地が強化され、日本政府は県民の苦しみに無関心で、これ以上許すことはできない。普天間を閉鎖させ、新たな基地はつくらせない」と叫んだ。

 最後に「県内でのたらい回しを断念し、普天間閉鎖の対米交渉を開始せよ」とする宣言文を採択した。【井本義親】

【関連ニュース】
沖縄:本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
在日米陸軍:司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
米国務長官:日本を下旬に訪問へ 日米同盟を再確認

<小沢幹事長>政倫審出席へ…会見で表明(毎日新聞)
沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
「重し」青木氏引退、自民世代交代の契機にも(読売新聞)
<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
posted by モンマ ヒデヒコ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

上海万博PRソングのパクリ「中国から謝罪ない」 政府が答弁書決定(産経新聞)

 政府は11日の閣議で、上海万博のPRソングに日本のシンガーソングライター、岡本真夜さんのヒット曲が盗作された問題に関し、「中国政府から日本政府に対して謝罪は行われていない」とする答弁書を決定した。中国における知的財産権保護については、制度やその運用の改善を要請するなど「引き続き適切に対処していく」と説明した。自民党の木村太郎衆院議員の質問主意書に答えた。

【関連記事】
岡本真夜 ヒット曲パクられても太っ腹
ファンに「応援ありがとう」 岡本真夜さんが騒動後初コメント
岡本真夜側、盗作否定声明「ありえない」
万パク事務局しどろもどろ…作曲者の盗作否定で
作曲家が盗作否定、仰天声明「真夜側と合意」
少子化を止めろ!

鳩山首相、15日沖縄再訪延期(時事通信)
外科学会など臨床系12学会が日医に質問状(医療介護CBニュース)
和解協議に応じるかは「決定していない」−B型肝炎訴訟で厚労相(医療介護CBニュース)
小沢氏と連合に微妙な距離…始動遅れる地方行脚(読売新聞)
逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ(スポーツ報知)
posted by モンマ ヒデヒコ at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。