2010年02月21日

全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)

 全日本空輸は17日、3機のボンバルディア機の部品の一部の点検が規定の時期を過ぎていたため、同日に北海道内の6便を欠航し、18、19日に羽田−三宅島間の2便を欠航すると発表した。

 全日空によると、プロペラの角度を変えるための部品やオイルの配管は飛行時間が約1万5千時間を超えた場合、点検の必要があるが、超過したまま運行していたという。機体購入時に、機体を管理するコンピューターに点検時期を設定していなかったことが原因という。

【関連記事】
全日空2年後に羽田−岩国便 1日4往復、年30万〜40万人
日航、マイル利用の予約期間拡大
全日空、労働時間延長を提案 路線拡大のビジネスチャンス狙う
JALとアメリカン、米当局に独禁法適用除外申請 数十億円増益へ
日航、時間的制約を優先 アメリカン航空との提携を継続へ

公共事業仮配分で600億円増 前原国交相「党の要望」否定(産経新聞)
AA→A→評価なし タクシー会社格付け 全国で導入(産経新聞)
<普天間移設>シュワブ陸上部、国民新党が提案へ(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 高速無料実験に異議(産経新聞)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
posted by モンマ ヒデヒコ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)

 【ニューヨーク=小谷野太郎】米高速道路交通安全局(NHTSA)は15日、トヨタ自動車の車が急加速を起こすとされる問題で、2000年以降に米国で発生した衝突事故による死者数が昨年末時点の21人から新たに13人増え、計34人に達したことを明らかにした。

 NHTSAによると、05〜10年に発生した急加速が原因とされるトヨタ車の事故の報告が1月27日までに新たに9件寄せられ、13人が死亡した。

 一方、ブレーキの不具合でリコール(回収・無償修理)を発表したハイブリッド車の新型「プリウス」について、NHTSAに寄せられた苦情は11日時点で1120件に達し、3日時点の124件から急増した。34件の衝突事故、6人のけが人が含まれる。

<アルコール>分解能力を調べるスピード検査法を開発(毎日新聞)
【衝撃事件の核心】「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔(産経新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年、直前に包丁入手(産経新聞)
次期改定は「チーム医療への評価の第一歩」(医療介護CBニュース)
「怖くて…」知人に漏らす=逆らえず事件に加担か−年下の無職少年・石巻3人殺傷(時事通信)
posted by モンマ ヒデヒコ at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。